ここがTAG!

すべてはお客様の満足のために

ここがTAG!

すべてはお客様の満足のために

ここがTAG!

すべてはお客様の満足のために

 

茨城営業所 センター長 東 哲也

 

 入社8年目になります。どんな車種でもきれいに仕上げて、お客さんに喜んでもらえるのがうれしいですが、特に難しい仕事の時にはやっぱり職人魂が燃えてきます。以前に旧車のレストアでフロントガラスのパッキンを新しくするという仕事を経験させてもらいましたが、何しろ旧車のため部品がありません。中古の部品も手に入らないので、接着剤でパッキンを成型するという技で収めました。きれいに仕上がり、半ばあきらめていたお客様にも大変喜んでもらいました。手間も労力もかかる仕事ですが積極的に引き受けてゆこうという会社の方針もうれしく思っています。
 また技術的な事以外に、営業面でもやりがいを覚えます。法人様の営業回りは、ほとんどが飛び込み営業で、既存の取引先から変えてもらうのはなかなか簡単ではありません。そんな中で、ある鈑金屋さんに10数回通ってようやくお茶を御馳走になる間柄になって、少しずつ当社を理解頂き、1年以上も経ってからやっと仕事を頂いた時などは、とてもうれしかったです。今でもそのお客様とは懇意にさせて頂いています。

 

 

茨城営業所 センター長 東 哲也

 

 入社8年目になります。どんな車種でもきれいに仕上げて、お客さんに喜んでもらえるのがうれしいですが、特に難しい仕事の時にはやっぱり職人魂が燃えてきます。以前に旧車のレストアでフロントガラスのパッキンを新しくするという仕事を経験させてもらいましたが、何しろ旧車のため部品がありません。中古の部品も手に入らないので、接着剤でパッキンを成型するという技で収めました。きれいに仕上がり、半ばあきらめていたお客様にも大変喜んでもらいました。手間も労力もかかる仕事ですが積極的に引き受けてゆこうという会社の方針もうれしく思っています。
 また技術的な事以外に、営業面でもやりがいを覚えます。法人様の営業回りは、ほとんどが飛び込み営業で、既存の取引先から変えてもらうのはなかなか簡単ではありません。そんな中で、ある鈑金屋さんに10数回通ってようやくお茶を御馳走になる間柄になって、少しずつ当社を理解頂き、1年以上も経ってからやっと仕事を頂いた時などは、とてもうれしかったです。今でもそのお客様とは懇意にさせて頂いています。

 

 

茨城営業所 センター長 東 哲也

 

 入社8年目になります。どんな車種でもきれいに仕上げて、お客さんに喜んでもらえるのがうれしいですが、特に難しい仕事の時にはやっぱり職人魂が燃えてきます。以前に旧車のレストアでフロントガラスのパッキンを新しくするという仕事を経験させてもらいましたが、何しろ旧車のため部品がありません。中古の部品も手に入らないので、接着剤でパッキンを成型するという技で収めました。きれいに仕上がり、半ばあきらめていたお客様にも大変喜んでもらいました。手間も労力もかかる仕事ですが積極的に引き受けてゆこうという会社の方針もうれしく思っています。
 また技術的な事以外に、営業面でもやりがいを覚えます。法人様の営業回りは、ほとんどが飛び込み営業で、既存の取引先から変えてもらうのはなかなか簡単ではありません。そんな中で、ある鈑金屋さんに10数回通ってようやくお茶を御馳走になる間柄になって、少しずつ当社を理解頂き、1年以上も経ってからやっと仕事を頂いた時などは、とてもうれしかったです。今でもそのお客様とは懇意にさせて頂いています。

 

 

千葉営業所 センター長 栗原 友

 

 車関係の仕事で、技術を身に付けたいと思い入社して8年になります。子供も3人生まれました。ガラス修理という仕事柄、事故車両を扱うケースも多くあります。どのような事故だったのかと考えると、自分も子供たちの親として安全運転を心掛けないといけないなと最近強く思います。
私たちのガラス修理という仕事は、お客様からしてみたら、いわばトラブルです。そんなトラブルで沈んでいる際に出来るだけ相手の気持ちになって接するという事が大切だと思っています。

 そのような思いは、私たち技術者だけでなく、事務スタッフにも浸透しています。私たち技術者は普段外回りが多いため、最初にお客様からの電話を受けるのは事務スタッフです。急なトラブルでとてもお困りのお客様の場合に、事務スタッフが取引先の法人様に電話をかけまわってその日のスケジュールを調整したり、夜遅くに何とかこれから仕上げてほしい、などと懇願されるケースも良くあります。正直きついと感じるときもありますが、困っているお客様のために何とかしようとするスタッフの気持ちもうれしく思っています。

 

千葉営業所 センター長 栗原 友

 

 車関係の仕事で、技術を身に付けたいと思い入社して8年になります。子供も3人生まれました。ガラス修理という仕事柄、事故車両を扱うケースも多くあります。どのような事故だったのかと考えると、自分も子供たちの親として安全運転を心掛けないといけないなと最近強く思います。
私たちのガラス修理という仕事は、お客様からしてみたら、いわばトラブルです。そんなトラブルで沈んでいる際に出来るだけ相手の気持ちになって接するという事が大切だと思っています。

 そのような思いは、私たち技術者だけでなく、事務スタッフにも浸透しています。私たち技術者は普段外回りが多いため、最初にお客様からの電話を受けるのは事務スタッフです。急なトラブルでとてもお困りのお客様の場合に、事務スタッフが取引先の法人様に電話をかけまわってその日のスケジュールを調整したり、夜遅くに何とかこれから仕上げてほしい、などと懇願されるケースも良くあります。正直きついと感じるときもありますが、困っているお客様のために何とかしようとするスタッフの気持ちもうれしく思っています。

 

千葉営業所 センター長 栗原 友

 

 車関係の仕事で、技術を身に付けたいと思い入社して8年になります。子供も3人生まれました。ガラス修理という仕事柄、事故車両を扱うケースも多くあります。どのような事故だったのかと考えると、自分も子供たちの親として安全運転を心掛けないといけないなと最近強く思います。
私たちのガラス修理という仕事は、お客様からしてみたら、いわばトラブルです。そんなトラブルで沈んでいる際に出来るだけ相手の気持ちになって接するという事が大切だと思っています。

 そのような思いは、私たち技術者だけでなく、事務スタッフにも浸透しています。私たち技術者は普段外回りが多いため、最初にお客様からの電話を受けるのは事務スタッフです。急なトラブルでとてもお困りのお客様の場合に、事務スタッフが取引先の法人様に電話をかけまわってその日のスケジュールを調整したり、夜遅くに何とかこれから仕上げてほしい、などと懇願されるケースも良くあります。正直きついと感じるときもありますが、困っているお客様のために何とかしようとするスタッフの気持ちもうれしく思っています。

埼玉営業所 センター長 辻本 仁

 

 当社の創業者である父親(現会長)の、職人として誇りを持って仕事をこなす姿にあこがれて、18歳で入社しました。最初は下働きから始めて厳しく指導を受けました。様々な経験を積んでようやく店長として認められ、ますますやりがいを持って仕事に臨んでいます。
 まだまだ店長としての経験も浅く、皆から学ぶことも多いですが、自分が心がけている事は「オンとオフのメリハリを付ける」という事です。自分より年上の社員も多いですが、仕事の話では真剣にぶつかり合う事も多々あります。特に技術的な事は、互いにライバルという意識で臨んでいます。でも仕事を一旦離れれば、飲みに行ったり、仲良くやらせてもらっています。これもウチの社風と言えるかも知れませんね。
 ここ埼玉営業所の特徴は、近隣に外車専門の板金屋さんや整備工場があるので、外車の入庫が良くあります。国産車とは違ったコツや技術が要求される特殊なケースも多くもかなり鍛えられました。外車の場合はやはり実績を多く積んでいるお店に出される事をお勧めしたいですね。

 

埼玉営業所 センター長 助川光毅

 

 入社して10年になります。本社、松戸、埼玉とすべての営業所のセンター長を担当しました。もともと車が好きで、車関係の仕事で手に職を付けたいと考えていました。10年経ったとは言っても、車は常に新しく進化しています。経験に流されることなく常に勉強する気持ちを忘れずに、と思っています。休日の日でも、新しい車を見かければ近寄って、ガラスの種類や取り付け方など見て研究するようにしています。そのような研究の積み重ねが、希少車など過去に経験がない車種の時に生きてきます。
 以前、ベントレーのコンチネンタルGTのガラス交換を担当したことがあります。初めの車ですし大変高額な車ですので、正直相当緊張しましたが、経験と研究した知識を頼りにうまく施工することが出来ました。日々の勉強はやっぱり裏切らないなと思いました。

 お客さんにも喜ばれて大変うれしかったです。お客様に喜んでもらえる事が何より励みになりますね。
 その経験を若手にも引継げるよう、毎日のミーティングの中でも、技術面での指導や新しい車種や希少車についての意見交換を心掛けています。

 

 

 

埼玉営業所 センター長 助川光毅

 

 入社して10年になります。本社、松戸、埼玉とすべての営業所のセンター長を担当しました。もともと車が好きで、車関係の仕事で手に職を付けたいと考えていました。10年経ったとは言っても、車は常に新しく進化しています。経験に流されることなく常に勉強する気持ちを忘れずに、と思っています。休日の日でも、新しい車を見かければ近寄って、ガラスの種類や取り付け方など見て研究するようにしています。そのような研究の積み重ねが、希少車など過去に経験がない車種の時に生きてきます。
 以前、ベントレーのコンチネンタルGTのガラス交換を担当したことがあります。初めの車ですし大変高額な車ですので、正直相当緊張しましたが、経験と研究した知識を頼りにうまく施工することが出来ました。日々の勉強はやっぱり裏切らないなと思いました。

 お客さんにも喜ばれて大変うれしかったです。お客様に喜んでもらえる事が何より励みになりますね。
 その経験を若手にも引継げるよう、毎日のミーティングの中でも、技術面での指導や新しい車種や希少車についての意見交換を心掛けています。

 

 

年間6000件のガラスを交換するTAGは、在庫も豊富。本社・各営業所合わせて常時2000枚の在庫を用意しています。 また、20数台の出張車両とウィング車が首都圏全域に無料出張致します。スピーディで無駄のない仕事と、美しい仕上がりももお客様にご評価いただいております。自動車ガラスのことで何か困ったことが起こりましたら、ぜひお気軽にご相談ください。あらゆるお客様の問題を解決するべく、オペレーターがお客様の身になって親身に承ります。

年間6000件のガラスを交換するTAGは、在庫も豊富。本社・各営業所合わせて常時2000枚の在庫を用意しています。 また、20数台の出張車両とウィング車が首都圏全域に無料出張致します。スピーディで無駄のない仕事と、美しい仕上がりももお客様にご評価いただいております。自動車ガラスのことで何か困ったことが起こりましたら、ぜひお気軽にご相談ください。あらゆるお客様の問題を解決するべく、オペレーターがお客様の身になって親身に承ります。

年間6000件のガラスを交換するTAGは、在庫も豊富。本社・各営業所合わせて常時2000枚の在庫を用意しています。 また、20数台の出張車両とウィング車が首都圏全域に無料出張致します。スピーディで無駄のない仕事と、美しい仕上がりももお客様にご評価いただいております。自動車ガラスのことで何か困ったことが起こりましたら、ぜひお気軽にご相談ください。あらゆるお客様の問題を解決するべく、オペレーターがお客様の身になって親身に承ります。

         代表取締役 社長 小泉 貴洋

 

 創業した翌年に入社し17年目になります。当初は社長と私しか技術者が居りませんでしたが、お蔭様で今ではスタッフが20数名となりました。
 ガラス修理という性格上、個人のお客様はある意味単発のニーズになりがちですが、法人のお客様の場合、継続してお取引をしていただくには、金額には現われない見えないところの技術力と信頼関係が必要となります。信頼関係を築くには、まず私たちがお客様から信用されなければなりません。そのためにはその場限りの対応ややみくもな価格競争ではなく、真心と誠意をもってお客様の立場やニーズをくみ取り、共に歩んでいこうという姿勢が大切なのではないかと考えています。金額面だけで勝負する安い業者に移られたお客様が、しばらくして当社に戻って来られるケースも多々あります。ディーラーさんから指定された整備工場に出張に行った際にその仕事ぶりが評価され、その整備工場さんから直接仕事を頂くようになったケースなども多くあります。
そんな時は本当にうれしいですね。
 信用・信頼頂くには、技術力は当然の事、やはりコミュニケーションが大切です。気持ちよくお取引いただくためにも、相手を思いやる気持ちや会話の能力を高める必要があります。ともすると技術者は自分の世界に入りがちですが、お客様から正しく評価され、信用されるためにも、真心をもったコミュニケーションが身に付くよう社員教育に力を入れております。

 

専務取締役 小泉 貴洋

 

 創業した翌年に入社し17年目になります。当初は社長と私しか技術者が居りませんでしたが、お蔭様で今ではスタッフが20数名となりました。
 ガラス修理という性格上、個人のお客様はある意味単発のニーズになりがちですが、法人のお客様の場合、継続してお取引をしていただくには、金額には現われない見えないところの技術力と信頼関係が必要となります。信頼関係を築くには、まず私たちがお客様から信用されなければなりません。そのためにはその場限りの対応ややみくもな価格競争ではなく、真心と誠意をもってお客様の立場やニーズをくみ取り、共に歩んでいこうという姿勢が大切なのではないかと考えています。金額面だけで勝負する安い業者に移られたお客様が、しばらくして当社に戻って来られるケースも多々あります。ディーラーさんから指定された整備工場に出張に行った際にその仕事ぶりが評価され、その整備工場さんから直接仕事を頂くようになったケースなども多くあります。
そんな時は本当にうれしいですね。
 信用・信頼頂くには、技術力は当然の事、やはりコミュニケーションが大切です。気持ちよくお取引いただくためにも、相手を思いやる気持ちや会話の能力を高める必要があります。ともすると技術者は自分の世界に入りがちですが、お客様から正しく評価され、信用されるためにも、真心をもったコミュニケーションが身に付くよう社員教育に力を入れております。

 

専務取締役 小泉 貴洋

 

 創業した翌年に入社し17年目になります。当初は社長と私しか技術者が居りませんでしたが、お蔭様で今ではスタッフが20数名となりました。
 ガラス修理という性格上、個人のお客様はある意味単発のニーズになりがちですが、法人のお客様の場合、継続してお取引をしていただくには、金額には現われない見えないところの技術力と信頼関係が必要となります。信頼関係を築くには、まず私たちがお客様から信用されなければなりません。そのためにはその場限りの対応ややみくもな価格競争ではなく、真心と誠意をもってお客様の立場やニーズをくみ取り、共に歩んでいこうという姿勢が大切なのではないかと考えています。金額面だけで勝負する安い業者に移られたお客様が、しばらくして当社に戻って来られるケースも多々あります。ディーラーさんから指定された整備工場に出張に行った際にその仕事ぶりが評価され、その整備工場さんから直接仕事を頂くようになったケースなども多くあります。
そんな時は本当にうれしいですね。
 信用・信頼頂くには、技術力は当然の事、やはりコミュニケーションが大切です。気持ちよくお取引いただくためにも、相手を思いやる気持ちや会話の能力を高める必要があります。ともすると技術者は自分の世界に入りがちですが、お客様から正しく評価され、信用されるためにも、真心をもったコミュニケーションが身に付くよう社員教育に力を入れております。

たとえばシーラーからの水漏れや、ひどい場合は走行中にガラスが外れてしまうなどといったこともありうるのがガラス交換。TAGでは、より良い状態にしてお返しすることをモットーに、キャリア10年以上の技術者が常に現場に携わって、ベストの仕上がりを目指します。 年間6000件の交換実績は、そうしたTAGの技術へのご評価であり、また、その膨大な実績により、技術をより確実なものにブラッシュアップしてきたと言えると考えています。

たとえばシーラーからの水漏れや、ひどい場合は走行中にガラスが外れてしまうなどといったこともありうるのがガラス交換。TAGでは、より良い状態にしてお返しすることをモットーに、キャリア10年以上の技術者が常に現場に携わって、ベストの仕上がりを目指します。 年間6000件の交換実績は、そうしたTAGの技術へのご評価であり、また、その膨大な実績により、技術をより確実なものにブラッシュアップしてきたと言えると考えています。

たとえばシーラーからの水漏れや、ひどい場合は走行中にガラスが外れてしまうなどといったこともありうるのがガラス交換。TAGでは、より良い状態にしてお返しすることをモットーに、キャリア10年以上の技術者が常に現場に携わって、ベストの仕上がりを目指します。 年間6000件の交換実績は、そうしたTAGの技術へのご評価であり、また、その膨大な実績により、技術をより確実なものにブラッシュアップしてきたと言えると考えています。

技術力

技術力

技術力

人間力3

人間力1

人間力1

人間力1

人間力2

人間力2

人間力2

人間力3

人間力3

機動力

機動力

機動力

信用力

信用力

信用力